ラグラノーラ

詳しくはコチラ

ただ美容や健康にいいだけではなくできるかぎりオーガニックに
こだわる事で環境にやさしく材料の一部をフェアトレードにする事で
対等なパートナーシップや正当な雇用を生み出し
社会にサステナビリティ(Sustainability)をもたらす
「エシカル」をコンセプトとしたグラノーラ。
数あるグラノーラの中からLAGRANOLAをChoiceするということ。
それが「エシカルビューティー」のはじまりです。



オートミール(オーツ麦・燕麦)をベースに
ドライフルーツ、ナッツ、シードなどの食材を合わせ
蜂蜜やメープルシロップなどで味付けしローストしたもの

グラノーラ

グラノーラの歴史は古く19世紀後半に健康食品として使用されていた商標で1960年代の自然主義、健康食品ブームの中で広まった健康志向を意識した食べ物で、もともと医師により菜食主義者の患者の健康のために栄養バランスを考えて生み出された病院食で あったり、サナトリウム(長期的な療養を必要とする人のための療養所)で療病食として生み出されたものです。ですので、欧米では「シリアル食品=健康食」のイメージが一般的です。また、グラノーラの主となっている食材であるオートミールは、日本に入って来たのが明治時代と言われており、昭和天皇の洋食バージョンの朝食はオートミール だったそうです。

グラノーラ

GRANOLAは、GRANULE(粒)とGRAIN(穀物)から生まれたコトバ。シリアル(穀物)であるオートミール(オーツ麦・燕麦)をベースにドライフルーツ、ナッツ、シードなどの食材を合わせ、蜂蜜やメープルシロップなどで味付けしローストしたもの。基本的にたんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が バランス良く含まれている食材で構成されているため、豊富な栄養が含まれており美容 健康に効果が高いと言われています。ミューズリーとの違い、、、基本的な食材の 構成はグラノーラと同じですが、味付けされていなくオーブンで焼き上げていない そのままの状態のシリアル食品をミューズリーと言います。

グラノーラ 

「シリアル」とは、英語で穀物のことを総称して言います。小麦・オーツ麦ライ麦・ソバ・米・トウモロコシ・大麦などのことで、それを用いて作られたのがシリアル食品。この中でシリアル食品に最もよく使われるのがオーツ麦(オートミール・燕麦とも言う)です。その他、トウモロコシはコーンフレークとして、または大麦もよく使われます。 日本ではシリアルというとコーンフレークのイメージが強いですが、コーンフレークはトウモロコシを粉砕して固めたものを油で揚げたり、砂糖を添加してるものが多いことから、トウモロコシだけで作られるコーンフレークより、グラノーラやミューズリーの方が美容健康面では効果が高いと言われています。

詳しくはコチラ

ただ美容や健康にいいだけではなくできるかぎりオーガニックに
こだわる事で環境にやさしく材料の一部をフェアトレードにする事で
対等なパートナーシップや正当な雇用を生み出し
社会にサステナビリティ(Sustainability)をもたらす
「エシカル」をコンセプトとしたグラノーラ。
数あるグラノーラの中からLAGRANOLAをChoiceするということ。
それが「エシカルビューティー」のはじまりです。



オートミール(オーツ麦・燕麦)をベースに
ドライフルーツ、ナッツ、シードなどの食材を合わせ
蜂蜜やメープルシロップなどで味付けしローストしたもの

ARCAIVE

オンラインストア

ラグラノーラ・オンラインストア
東急ハンズ
あいの里ギャラリー
5cafe
サッポロスイーツカフェ